髪が抜け始める時

髪が抜け始める時のパターン

髪が抜ける ストレス 白髪

 

髪の毛は、年齢を追うごとにどんどん薄く細くなっていくでしょう。

 

しかし中には、まだまだ薄毛が進行する年齢ではないのに薄毛になってしまう人もいます。

 

原因は、ストレスかも知れません。

 

人は、外部的ストレス、内部的ストレス、どちらのストレスが生じても薄毛が進行する可能性があるでしょう

 

 

まず内部的ストレスは精神面のストレスです。

 

日常生活を送る上で、職場や学校、家族等さまざまなストレスを感じることがありますよね。

 

内部的なストレスがたまると体調が悪化したり新陳代謝が悪化する可能栄があります。
そのせいで筋肉が縮小し、血管が細くなってしまうでしょう。

 

血管が細くなってしまうと栄養が十分に供給することができなくなり、髪の毛も十分に育たなくなってしまうのです。

 

このせいで、本来であれば抜け落ちる可能性がなかった髪の毛のどんどん抜け落ちて、薄毛が進行してしまう可能性があります。

 

また、内部的ストレスは髪の毛だけではなく体のさまざまな部分に影響を与え、どんどん体調不良が悪化してしまうでしょう。

 

 

次に外部的ストレスです。

 

外部的ストレスは、精神面ではなく髪の毛や頭皮に直接与えられるストレスのことをいいます。

 

たとえば直射日光を頻繁に浴びていたり、十分にシャンプーをしていなかったり、頭皮が過度に乾燥していたり、ワックス等で頭皮を覆ってしまっていると頭皮がストレスを感じてしまいます。

 

そのせいでダメージが加算し、毛根が損傷し、髪の毛が生えにくくなってしまうのです。

 

髪の毛が育ちにくくなると、当然寿命が来る前に抜け落ちてしまうでしょう。
このせいで薄毛が悪化してしまうのです。

 

 

外部的ストレス内部的ストレスどちらもヘアサイクルの乱れにより起こる現象です。
髪の毛が抜け始めるパターンは決まっているので、事前に対策をとるようにしましょう。

ストレスは白髪の原因にも

ストレスは抜け毛を悪化させるだけではありません。
ストレスが原因で、白髪が生えてしまう場合もあります。

 

白髪は、メラニン色素が減ると髪の毛を黒くすることができずに白髪として生えてきます。

 

健康的な頭皮環境であれば、日本人なら黒色の髪の毛をはやすことができるでしょう。

 

しかしメラニン色素のバランスが崩れると、真っ白な状態で髪の毛が生えてきます。
これが白髪のメカニズムなのです。

 

メラニン色素はメラノサイトという細胞がつくっているのですが、メラノサイトはストレスに弱いという性質を持っているのです。

 

そのため、ストレスが生じると正常に働くことができなくなり、薄毛になってしまうでしょう。

 

 

また、ストレスがたまると自律神経のバランスが乱れやすくなってしまいます。

 

このせいで血行が悪化し、頭皮を健康的に保つことができなくなり白髪が生えてくるのです。

 

ストレスが原因で薄毛が生じると、白髪も生えやすい状態になってしまうので、ストレスには注意をしましょう。

対策

ストレスが原因の薄毛白髪を改善する為にはさまざまな方法があります。

 

まずは規則正しい生活を心掛けましょう。

 

 

睡眠時間をしっかりと摂り、毎日同じくらいの時間に起きるようにして下さい。

 

自律神経は、睡眠時間と深いかかわりがあります。
不規則な睡眠時間ではどんどん体のバランスも乱れてしまうでしょう。

 

また、食事からきちんと栄養を摂り無理なダイエットもやめるようにしましょう。

 

食品から栄養を補わなければ健康的な生活を送ることはできません。

 

 

頭皮マッサージもおすすめです。

 

ストレスが生じると細胞に一時的な不調が起きます。

 

そのため、頭皮の血行促進を行うだけでもかなりの薄毛白髪改善効果を実感できるでしょう。

 

血行が改善されればメラノサイトにも栄養が届きますし髪の毛も栄養が送り込まれ、抜けにくくなるのではないでしょうか?

 

 

ストレスが溜まっているなと感じるときはリラックスをすることがとても大切です。

 

副交感神経を活性化することで、ストレスを緩和することができます。

 

ゆっくりと落ち着いた気持ちで深呼吸をすれば、副交感神経の働きが活発化するでしょう。

 

特に腹式呼吸はストレス解消に高い効果を発揮すると言われています。
イライラしている、ストレスを感じる等の時は試してみてください。

 

 

これらを実践してもなかなか効果が実感出来ない、もしくは出来るだけ早く白髪薄毛を改善したい場合は、育毛剤や白髪染めトリートメントを使って見てはいかがでしょうか?

 

育毛剤といっても最近は髪の毛に栄養を与え健康的な状態に導く、ヘアケア商品に近いものも多く販売されています。

 

白髪染めトリートメントも、通常の白髪染めに比べるとトリートメントとしての効果が高く、自然な色合いに染めることができるでしょう。

 

普段のヘアケア気分で気軽に使うことが出来るので、おすすめです。

 

気にせず過ごすことが一番ですが、薄毛や白髪は一度出来ると気になってしまいますよね。

 

まずは気にせず、気軽な気持ちで育毛剤と白髪染めトリートメントを使ってみると自然と状態も改善し、気付いた時には使わなくても良いくらい頭皮状態が改善しているかも知れませんね。

白髪と抜け毛を同時にケアするシャンプー!

関連ページ

ヘアカラータイプの白髪染めは危険
現在白髪染めとして主に販売されているものは、ヘアカラータイプです。 ヘアカラータイプは、通常のヘアカラーと同じく、液剤を混ぜ合わせて髪の毛に染め、数分放置してから洗い流すことで髪の毛を染めることができる商品となっています。
抜け毛の原因
抜け毛の原因は本当にいろいろあります。 そのため、いくら原因を対処したとしても抜け毛が進行してしまう場合があるでしょう。 けれども目に見える原因を取り除くだけでも、かなりの抜け毛予防になります。
トリートメントは必要?
トリートメントは、ほとんどが女性向けとして販売されています。 髪の毛を綺麗に美しく見せるための商品なので当然でしょう。
シャンプーに注意
薄毛が気になる人はシャンプーに気を付けて下さい! 普段のそのシャンプーが、薄毛の原因になっているかも知れません!!
白髪染めと薄毛
なんてことが言われていますが、本当なのでしょうか? 白髪が生えたということは、ハゲる可能性はない!なんて喜んでいる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。