シャンプーに注意

シャンプーで薄毛になる?

シャンプー 薄げ

 

薄毛が気になる人はシャンプーに気を付けて下さい!
普段のそのシャンプーが、薄毛の原因になっているかも知れません!!

 

もちろんすべてのシャンプーが危険という訳ではありません。

 

シャンプーをしなければ、頭皮に皮脂が貯まり薄毛の原因となってしまうでしょう。

 

 

シャンプーといってもさまざまな種類があります。
薄毛が気になる男性は「スカルプシャンプー」のように皮脂汚れをしっかりと洗い流せる商品を使っている方が多いですよね。

 

しかしスカルプ系のシャンプーは頭皮への刺激が強すぎるので、かえって薄毛を悪化させてしまう可能性があるのです。

 

肌質が脂性肌で頭皮にたっぷり油分が付着している方であれば問題ありませんが、乾燥肌や普通肌の人にとっては刺激が強すぎる可能性が高いでしょう。

 

他にも、市販のシャンプーには髪の毛に悪い成分がたっぷりと含まれています。

 

使用する時には注意をしましょう。

 

 

また、自宅での白髪染め後のシャンプーにも注意が必要です。

 

白髪染めをした後って、液剤を落とさなければいけないので普段よりもしっかりと洗わなければいけませんよね?

 

しかし、白髪染めを使った後の洗髪のせいで、髪の毛にダメージが増えてしまうかも知れないのです。

 

髪の毛全体や頭皮に付着した液剤を落とす為にごしごしと擦ったり、2度洗い3度洗いをしていると頭皮が乾燥してしまい、髪の毛にもダメージが増えてしまうでしょう。

 

白髪染め使用後のシャンプーは必須ですが、それで髪の毛へのダメージが増えると薄毛も白髪も悪化してしまうかも知れません。

 

白髪染めは極力髪の毛に優しい物を使いましょう。
そして、液剤を使うときは丁寧に優しく洗い流す様にして下さい。

 

もちろん、液剤はしっかりと洗い流す様にしましょう。

石鹸やボディシャンプーで洗うのは論外!

美容に興味の薄い男性は、ボディソープや石鹸で髪の毛を洗っている方もいます。

 

確かに体全体を洗うことができる商品もありますが、髪の毛のことを考えるのならボディソープや石鹸で髪の毛を洗ってはいけません!

 

そのままだと、薄毛が進行するかも知れませんよ?

 

ボディソープや石鹸は、シャンプーとは配合されている成分が違います。

 

体は髪の毛や頭皮よりも強い部分なので、洗浄力もとても強いでしょう。

 

強すぎる洗浄力の商品で髪の毛を洗っていると、髪の毛がどんどんキシキシになり、キューティクルは剥げ、薄毛も進行しやすくなってしまうのです。

 

面倒だから、ヘアケアなんてどうでもいいからといって、ボディソープや石鹸で髪の毛を洗わないで下さい。

 

これらで洗うよりは、まだお湯のみで洗った方が髪の毛には良いでしょう。

 

しっかり洗えているつもりかも知れませんが、しっかりと洗い過ぎていても髪の毛には負担が掛かってしまうものなのです。

 

髪の毛の為にも、洗髪をするときはきちんとシャンプーを使うようにしましょう。

 

リンスインシャンプー等であれば、手間もかけずに洗髪をすることができます。

頭皮に良い洗い方

男性はシャンプーの仕方を間違って行っている人がとても多いです。

 

適当にざっとシャンプーを手に取り、そのまま頭皮に付けて、適当にごしごしと擦る。
これだけで洗髪を終えていませんか?

 

今はいいかもしれませんが、そんな洗髪方法を続けているとどんどん薄毛が悪化してしまうでしょう。

 

髪の毛の健康の為にも、正しいシャンプー方法を身に付けて下さい。

 

まず、シャンプー前はブラッシングをしましょう。
面倒な人はてぐしでも良いです。

 

洗髪前に髪の毛をほぐすことで、シャンプー時の髪の毛への負担を減らすことができるでしょう。

 

髪の毛が濡れていると絡みやすくなるので、濡らす前に行ってください。

 

 

シャンプーをつける前に、シャワーでしっかりと髪の毛全体を濡らしましょう。

 

実は、事前にシャワーのみで洗い流すだけで、髪の毛の汚れのほとんどを落とし切ることができます。

 

汚れを落とせばシャンプーの泡立ちも良くなりますし、髪の毛への負担も減らすことができるでしょう。

 

 

シャワーである程度汚れを落としたら、シャンプーを手で泡立ててから髪の毛に付けてください。

 

頭皮に直接シャンプーを付けると、頭皮が傷む原因となってしまいます。
薄毛を進行させない為にも、まずは泡立てtえから髪の毛につけるようにしましょう。

 

髪の毛を洗うときは指の腹で、強すぎず弱すぎず適度な強さで洗うようにしましょう。

 

ごしごしこすっていると、頭皮にどんどんダメージが加算されます。

 

指の腹でマッサージをするだけでも十分痒みも汚れも落ちるので、あまり強く擦らないようにして下さい。

 

 

最後はしっかりとすすぎましょう。
すすじは一番大切です。

 

丁寧に、シャンプーが残らないように髪の毛全体をすすいでください。

 

これでシャンプーは完了です。

 

日々のシャンプーを丁寧に行うことで、白髪も抜け毛も防ぐことができるでしょう。

 

おすすめシャンプー=抜け毛・白髪をこれ一本でケア。haru黒髪スカルプ・プロ

 

白髪と抜け毛を同時にケアするシャンプー!

関連ページ

ヘアカラータイプの白髪染めは危険
現在白髪染めとして主に販売されているものは、ヘアカラータイプです。 ヘアカラータイプは、通常のヘアカラーと同じく、液剤を混ぜ合わせて髪の毛に染め、数分放置してから洗い流すことで髪の毛を染めることができる商品となっています。
抜け毛の原因
抜け毛の原因は本当にいろいろあります。 そのため、いくら原因を対処したとしても抜け毛が進行してしまう場合があるでしょう。 けれども目に見える原因を取り除くだけでも、かなりの抜け毛予防になります。
トリートメントは必要?
トリートメントは、ほとんどが女性向けとして販売されています。 髪の毛を綺麗に美しく見せるための商品なので当然でしょう。
髪が抜け始める時
髪の毛は、年齢を追うごとにどんどん薄く細くなっていくでしょう。 しかし中には、まだまだ薄毛が進行する年齢ではないのに薄毛になってしまう人もいます。 原因は、ストレスかも知れません。
白髪染めと薄毛
なんてことが言われていますが、本当なのでしょうか? 白髪が生えたということは、ハゲる可能性はない!なんて喜んでいる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。