白髪染め 男性 おすすめランキング

白髪染め記事一覧

白髪染めにお悩みの男性におすすめしたいのが「白髪染めトリートメント」です。白髪染め、というと液剤を髪の毛に付けてしばらく時間をおいて洗い流すものを連想する方がほとんどでしょう。しかし白髪染めトリートメントは、普段のトリートメント感覚で白髪を染めることができる、とても便利なアイテムなのです。白髪染めトリートメントは女性用の商品というイメージが強いかもしれませんが、男性の髪の毛でも十分染めることができ...

最近は、髪の毛に優しい白髪染めが増えています。白髪染めトリートメントが主流ですが、実は白髪染めシャンプーという商品もありますよね。白髪染めシャンプーも、髪の毛に負担をかけずに染めることができるでしょう。しかしシャンプータイプはトリートメントタイプと違い、染まり難いという口コミを多数見受けられるのです。染まらないばかりか、普通のシャンプーに比べて髪の毛が痛みやすい、負担がかかるという意見まである程で...

白髪染めトリートメントは、確かに普通の白髪染めとは使用方法が違います。しかし、通常の白髪染めよりもとても簡単で、気軽に使うことができるのです。白髪染めトリートメントの中でも人気の高い「黒茶のチカラ」の使用方法を例として説明をしましょう。黒茶のチカラは、塗れた髪の毛はもちろん乾いた髪の毛にも使うことができる白髪染めトリートメントです。塗れた髪の毛に使うときは、普通のトリートメントと使用方法は特に変わ...

白髪染めトリートメントはほとんどが女性用商品として販売されています。しかし、白髪染めトリートメントは男性にこそおすすめしたい商品なのです。まず、白髪染めトリートメントは手間をかけずに染めることができます。白髪染めってめんどうですよね。わざわざ手袋を用意して、染まる時間を待って洗い流して…気軽に染めることはできません。また、男性は自分でカラーリングをしたことがないという方がとても多いでしょう。そのた...

白髪染めのネックは「いかにも染めました!」というような色合いですよね。確かに染めたては妙に黒々としていたり違和感があるかも知れません。そんな方の為に新しく生まれた白髪染めが「白髪ぼかし」です。これはあくまで白髪を染めるのではなく、隠すタイプの白髪対策でしょう。周りに染めたと気づかれないけれどもあくまで若々しく、白髪を隠すことができます。また、伸びてきた白髪との境目が分かりにくいので頻繁に白髪対策を...

女性であれば、白髪ができたら染めるという人が多いでしょう。元から茶色に染めている人も多いでしょうし、白髪を染めるのに抵抗がない人が大半だと思います。しかし、男性はどうでしょうか?半々の人が多いと思います。もちろん営業職やある程度の役職についている方であれば、周りの目も気になるので髪の毛を染めることも多いでしょう。しかしそこまで見た目に気を遣わなくても良い職場であったり、多少白髪が目立っても自分では...

白髪は抜いたら駄目!といわれていますが、本当でしょうか?白髪を見つけると気になってしまいますよね。1本2本程度であれば抜いてしまった方が良いと考える方が多いでしょう。しかし、抜いても無駄です。白髪を抜いたとしても、抜けたところからまた新しい白髪が生えてくる可能性が高いでしょう。白い髪の毛が生えてくるのは、毛乳頭が悪化しているからです。毛乳頭の細胞に異常が起きているから、白髪は栄えてきます。そのため...

ビオチンは白髪に効果的だといわれている成分です。しかし、あまりよく知られていない成分ですよね。ビオチンとは、どんな成分なのでしょうか?ビオチンはビタミンの一種です。白髪改善、白髪予防効果はもちろん病気治療にも用いられている程体に良い成分だといわれています。ビオチンは主に掌蹠膿疱症の治療に使われている成分です。人にはさまざまなビタミンが必要ですが、ビオチンも人が生命活動を維持するうえで欠かせない成分...

白髪染めの色って悩みますよね。しかし男性には、黒色が一番人気の様です。女性は、白髪染めでも明るめのカラー展開が豊富です。しかし男性用の白髪染めはほとんどがブラックもしくはダークブラウンなのではないでしょうか?なぜなら一般的に、社会人男性の染髪は広く認められていないからだと思います。社会人女性であれば、濃いめの茶色でもそこまで指摘されません。しかし社会人男性の多くは染髪はNG、もしくは暗めの色じゃな...

女性の目を気にすることは外見を気にして身なりを整えることにつながるので、決して悪いことではありませんよね!白髪もそのまま放置するのではなく、年齢に合った色に染めることで歳を重ねても素敵な男性でいられるので、是非気を配って欲しい部分です。しかし、年齢を重ねた男性の髪が若者のように真っ黒では不自然だと思いませんか?白髪染めを選ぶときは色にも気を付けないと、せっかく染めても逆に「白髪がたくさんあるので染...

最近は大人のアレルギーが多いと言われており、食べ物だけではなく肌に直接つけるものも、細心の注意を払わないと大変なことになるかもしれません。市販の白髪染めもかなり強力な薬剤が使われているため、それが頭皮や肌につくことで赤く腫れあがったり、かぶれることもあります。それが治るとかさぶたになり髪の毛と一緒に抜けてしまうなんてこともあるので、白髪がで悩んでいるのに髪まで薄くなったら大変ですよね!ですから、白...

多くの女性は定期的に美容室で白髪染めをしていますが、その料金は意外と高いものです。自宅で染めた方がずっと安く済むはずですが、面倒な美容室で染めるのはなぜでしょう?それは、女性の髪は男性に比べて長く、特に見えない後ろの方がムラになってしまうことがあります。また、きれいに染めるには技術も必要で、失敗しないためも少し高くても美容室を選ぶのではないでしょうか?周囲に色が飛ばないように気を付けても、浴室や洗...

近年、若白髪に悩む人が急激に増えてきています。白髪が多い子供が増えていますし、学生や社会人でも白髪に悩み、どのように隠したら良いのか困っている人も多いでしょう。若白髪にはきちんと原因があり、原因を知って対策していくことで、白髪が増えるのを防げます。まずは若白髪になってしまう4つの原因を知って、自分はどのタイプに当てはまるのかを見ていきましょう。若白髪の1つ目の原因は、「遺伝」です。親が白髪の多い人...

初めて白髪染めを購入するときには、どのような白髪染めを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。白髪染めにはヘアカラー・ヘアマニキュア・トリートメントなどのさまざまなタイプのものがあり、それぞれの白髪染めに特徴があります。それぞれの白髪染めの特徴を知れば、自分に合っている白髪染めがわかるかもしれません。白髪染めはこれからずっと使い続けていくものになると思うので、長く使い続けられそうな白髪染めを選ぶと良...

白髪というのは全体が真っ白になる人は少なく、子どものときから白髪のある人もいます。私は中学校の頃に耳の上のあたりに白髪がぼちぼち出はじめたのです。最初の頃はそれほど気にはならなかったのですが、やはり高校に入るくらいにはさすがに気になるようになりました。それは女子の視線も気になり始めたからです。私なりに思春期まっただ中だったということでしょう。白髪を染めるのでも私の場合は髪の毛のある一部分ですから、...