おすすめの色

男性におすすめの白髪染めの色

白髪染めの色って悩みますよね。

 

しかし男性には、黒色が一番人気の様です。

 

女性は、白髪染めでも明るめのカラー展開が豊富です。

 

しかし男性用の白髪染めはほとんどがブラックもしくはダークブラウンなのではないでしょうか?

 

なぜなら一般的に、社会人男性の染髪は広く認められていないからだと思います。

 

社会人女性であれば、濃いめの茶色でもそこまで指摘されません。

 

しかし社会人男性の多くは染髪はNG、もしくは暗めの色じゃないと駄目な会社がほとんどですよね。

 

街中を見ていても、ある程度の年齢の男性はほとんどが黒色の髪の毛をしています。
茶髪の髪の毛をしている40代以降の男性はほとんど見かけません。

 

そのため、男性の白髪染めは黒色が一番なのです。

 

もともとの髪の毛の色が明るめの人はダークブラウンやブラウン系の白髪染めでも違和感がないかもしれません。

 

しかし、白髪染めの色に悩んだときは一番無難なブラックを選んだ方が良いでしょう。

年配の方はブラウン系

一般的に、男性向け白髪染めはブラックが一番売れています。
女性はブラウン系を好む人も多いですが、男性の多くは無難なブラックに染めたいのでしょう。

 

しかし、年配の男性はブラウン系をおすすめします。

 

ある程度の年齢になると、あまりに黒々しい髪色だと違和感が生じてしまうのです。

 

もちろん見た目の雰囲気によっては黒色でも違和感がないかも知れませんが、黒々とした髪色よりも多少抜け感のあるブラウン系のほうが違和感なく馴染む年配の男性は多いのではないでしょうか?

 

また、白髪染めは黒く染めれば染める程髪の毛が傷みやすくなってしまいます。

 

年配の男性は髪の毛も弱く、抜け毛が気になる方も多いですよね。

 

少しでも抜け毛や髪の毛へのダメージを減らす為にも、少し弱いブラウン系の白髪染めの方が馴染みやすいのではないでしょうか?

 

もちろん白髪染めのカラーは好み次第なので、年配の方でブラックを使用する人もいます。

 

しかし、白髪染めの色で悩んだときはブラウンを選んでみてはいかがでしょうか?

髪が薄い方は絶対に黒!

薄毛が気になる!けれども白髪が気になる!!
そんな人には黒色の白髪染めをおすすめします。

 

なぜなら、黒色の方が白髪染めが目立たないからです。

 

男性向け白髪染めのカラーはブラックもしくは暗めのブラウンが定番です。

 

髪色は普通ブラックでしょう。

 

髪の毛色がブラックの方が、髪の毛の存在感が増します。

 

薄毛の人はただでさえ髪の量が減っているのに、ブラウンの様な薄い色にしてしまうと髪の毛の印象が弱まってしまい、よけい薄毛に見えてしまう可能性があるのです。

 

特に毛先の方が淡い色だと、髪の毛がないように感じられてしまい、薄毛がさらに目立ってしまうのではないでしょうか?

 

逆に黒色の方が、髪の毛一本一本がしっかりと主張します。
このおかげで、薄毛だけれどもそこまで目立たず、薄毛をカバーすることができるかも知れません。

 

薄毛が気になる人は、白髪が生えても放置をする方が多いでしょう。
白髪染めは髪の毛に負担がかかるから薄毛が悪化してしまうかも、と思っている方もいるかも知れません。

 

しかし、放置していては白髪だけではなく薄毛もどんどん目立ってしまうかも知れません。

 

薄毛を目立たせたくないのであれば、白髪染めを使いましょう。

 

薄毛が増えてしまうのでは?と思うかもしれませんが、髪の毛に負担がかからない白髪染めを使えば薄毛が悪化することはありません。

白髪と抜け毛を同時にケアするシャンプー!

関連ページ

白髪染めトリートメントを使う前に
白髪染めにお悩みの男性におすすめしたいのが「白髪染めトリートメント」です。 白髪染め、というと液剤を髪の毛に付けてしばらく時間をおいて洗い流すものを連想する方がほとんどでしょう。
白髪染めシャンプーは無意味
最近は、髪の毛に優しい白髪染めが増えています。 白髪染めトリートメントが主流ですが、実は白髪染めシャンプーという商品もありますよね。 白髪染めシャンプーも、髪の毛に負担をかけずに染めることができるでしょう。
使い方
白髪染めトリートメントは、確かに普通の白髪染めとは使用方法が違います。 しかし、通常の白髪染めよりもとても簡単で、気軽に使うことができるのです。
女性より男性におすすめ
白髪染めトリートメントはほとんどが女性用商品として販売されています。 しかし、白髪染めトリートメントは男性にこそおすすめしたい商品なのです。
白髪ぼかし
白髪染めのネックは「いかにも染めました!」というような色合いですよね。 確かに染めたては妙に黒々としていたり違和感があるかも知れません。
染めるか?そのままか?
女性であれば、白髪ができたら染めるという人が多いでしょう。 元から茶色に染めている人も多いでしょうし、白髪を染めるのに抵抗がない人が大半だと思います。 しかし、男性はどうでしょうか?
白髪を抜く
白髪は抜いたら駄目! といわれていますが、本当でしょうか? 白髪を見つけると気になってしまいますよね。 1本2本程度であれば抜いてしまった方が良いと考える方が多いでしょう。
ビオチン
ビオチンは白髪に効果的だといわれている成分です。 しかし、あまりよく知られていない成分ですよね。 ビオチンとは、どんな成分なのでしょうか?
不自然な色は逆効果
白髪染めでかぶれる
白髪を自宅で染める男性と美容室で染める女性
若白髪の原因
人生初の白髪染めはこう選ぶ!
生まれて初めての白髪染め 感想編