実はとても大切だった!初めての白髪染め選び

初めての白髪染めは慎重に

初めて白髪染めを購入するときには、どのような白髪染めを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。
白髪染めにはヘアカラー・ヘアマニキュア・トリートメントなどのさまざまなタイプのものがあり、それぞれの白髪染めに特徴があります。 それぞれの白髪染めの特徴を知れば、自分に合っている白髪染めがわかるかもしれません。 白髪染めはこれからずっと使い続けていくものになると思うので、長く使い続けられそうな白髪染めを選ぶと良いでしょう。
ヘアカラータイプの白髪染めは、髪の毛のメラニン色素を抜いてしまうブリーチ作用があります。 メラニン色素が抜けた髪の毛に染料が浸透していくので、しっかりと染まることが特徴です。 基本的には明るい色・暗い色のどちらにも染めることが可能で、およそ2〜3ヶ月は色持ちします。 一度染めてしまえば頻繁に染め直す必要がないため、ヘアカラータイプの白髪染めを使っている人はとても多いです。 しかし、ブリーチ作用があることで髪の毛へのダメージが大きく、何度も繰り返して使っていると髪の毛が傷んできてしまいます。 肌が弱い人は、かぶれを起こしてしまうこともあるので注意が必要です。 ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、髪の毛の表面とやや内側に染料が浸透します。 ヘアカラータイプに比べると奥深くまで浸透しないため、色持ちはおよそ3週間です。 ブリーチ作用がないので、髪の毛へのダメージがほとんどありませんが、長期間色持ちしないので頻繁に染め直す必要があります。 染め直す手間よりも、髪の毛の健康に気を遣いたいと考えている人であれば、ヘアカラーよりもヘアマニキュアのほうが良いかもしれません。 トリートメントタイプの白髪染めは、シャンプーの後に毎日使用することで、少しずつ染料を浸透させていきます。 時間をかけて少しずつ染めていくので、白髪染めを使っていることを周りの人に気付かれにくいですし、全体が自然な色に染まります。 髪の毛へのダメージもほとんどないですし、むしろ美髪成分が配合されている白髪染めトリートメントもあります。
トリートメントタイプであれば、毎日気軽に使い続けられますし、特別な時間を確保して染め直す必要もないので便利です。 忙しくて白髪のケアをする時間をとれないという人は、トリートメントタイプを選んでみてはいかがでしょうか。 白髪染めトリートメントについてはこちら

白髪染め選びのポイント

白髪染めを選ぶときには、どんなタイプの白髪染めを使うのかということ以外に、白髪染めの色にもこだわりましょう。 例えば元の髪の毛が暗めの人の場合、全体的に明るめの色にしたいと思っても、イメージ通りに色が入らないことがあります。 メラニン色素が少ない白髪だけが明るい色に染まってしまい、逆に白髪が目立ってしまうというケースもすくなくありません。 白髪をより自然な色に染めたいのなら、元の髪の毛の色と似ている色を選ぶことをおすすめします。
全体的にガラリと印象が変わるような色にしたいのであれば、美容室で綺麗に染めてもらったほうが良いかもしれません。
また、白髪染めのタイプによっても、色の入り方が違ってきます。 ヘアカラータイプの白髪染めを使えば、ブリーチ作用で髪の毛の奥深くまで染料が浸透するため、短時間で白髪を目立たなくすることができます。 ヘアマニキュアではすぐに色落ちしてしまいますし、トリートメントタイプでは完璧に染まりあがるまでに時間がかかってしまいます。 いつまでにどのぐらいの色に染めたいのか、によって選ぶ白髪染めのタイプが違ってくるのではないでしょうか。
使いやすさで選ぶと断然トリートメント!
染まりやすさや染める頻度・色など、白髪染めを選ぶときにはさまざまな点に注目するでしょう。 もしも使いやすさで白髪染めを選びたいと思っているのなら、断然トリートメントタイプをおすすめします。 トリートメントタイプの白髪染めは、普段のシャンプーをした後にトリートメントをすることで、少しずつ白髪が染まっていきます。
完璧に染め上げるまでには少し時間がかかりますが、その分周りに白髪染めを使っていることを気付かれず、自然と白髪を目立たなくしていくことができます。 突然髪の毛の色が変わると、白髪染めをしたことがバレてしまうことがありますが、白髪染めトリートメントなら安心です。
また、何といっても使いやすいことが白髪染めトリートメントの魅力です。 他の白髪染めのように、白髪を染めるための特別な時間を作る必要はなく、普段からシャンプー・トリートメントとして何気なく使うことができます。 特に大変な思いをしなくても、気付いたら白髪が染まっているという状態になるのです。 色落ちするたびに白髪を染めるのが面倒だと感じている人は、白髪染めトリートメントを選んでみてはいかがでしょうか。 美髪成分が配合されている白髪染めトリートメントも販売されており、白髪を染めながらヘアケアをすることができます。

白髪と抜け毛を同時にケアするシャンプー!

関連ページ

白髪染めトリートメントを使う前に
白髪染めにお悩みの男性におすすめしたいのが「白髪染めトリートメント」です。 白髪染め、というと液剤を髪の毛に付けてしばらく時間をおいて洗い流すものを連想する方がほとんどでしょう。
白髪染めシャンプーは無意味
最近は、髪の毛に優しい白髪染めが増えています。 白髪染めトリートメントが主流ですが、実は白髪染めシャンプーという商品もありますよね。 白髪染めシャンプーも、髪の毛に負担をかけずに染めることができるでしょう。
使い方
白髪染めトリートメントは、確かに普通の白髪染めとは使用方法が違います。 しかし、通常の白髪染めよりもとても簡単で、気軽に使うことができるのです。
女性より男性におすすめ
白髪染めトリートメントはほとんどが女性用商品として販売されています。 しかし、白髪染めトリートメントは男性にこそおすすめしたい商品なのです。
白髪ぼかし
白髪染めのネックは「いかにも染めました!」というような色合いですよね。 確かに染めたては妙に黒々としていたり違和感があるかも知れません。
染めるか?そのままか?
女性であれば、白髪ができたら染めるという人が多いでしょう。 元から茶色に染めている人も多いでしょうし、白髪を染めるのに抵抗がない人が大半だと思います。 しかし、男性はどうでしょうか?
白髪を抜く
白髪は抜いたら駄目! といわれていますが、本当でしょうか? 白髪を見つけると気になってしまいますよね。 1本2本程度であれば抜いてしまった方が良いと考える方が多いでしょう。
ビオチン
ビオチンは白髪に効果的だといわれている成分です。 しかし、あまりよく知られていない成分ですよね。 ビオチンとは、どんな成分なのでしょうか?
おすすめの色
白髪染めの色って悩みますよね。 しかし男性には、黒色が一番人気の様です。 女性は、白髪染めでも明るめのカラー展開が豊富です。
不自然な色は逆効果
白髪染めでかぶれる
白髪を自宅で染める男性と美容室で染める女性
若白髪の原因
生まれて初めての白髪染め 感想編