実年齢よりも老けて見える!若白髪の原因と対策

若白髪に悩む人が急増!その原因と対策

近年、若白髪に悩む人が急激に増えてきています。

 

白髪

 

白髪が多い子供が増えていますし、学生や社会人でも白髪に悩み、どのように隠したら良いのか困っている人も多いでしょう。
若白髪にはきちんと原因があり、原因を知って対策していくことで、白髪が増えるのを防げます。
まずは若白髪になってしまう4つの原因を知って、自分はどのタイプに当てはまるのかを見ていきましょう。

 

若白髪の1つ目の原因は、「遺伝」です。

親が白髪の多い人であった場合、白髪が生えやすい体質が遺伝してしまう可能性があります。
白髪が生えている親とともに生活をしていれば、生活習慣が似ているので、生活習慣の中に潜んでいる何かしらの原因で白髪が増えてしまうケースもあります。
遺伝によって増えてしまった白髪は、パッと見ただけで白髪であるとわかるほど目立つことが特徴です。
目立つ白髪に悩んでいる人は、親も若白髪であった可能性が高いです。

 

若白髪の2つ目の原因は、「ストレス」です。

日頃から強いストレスを感じていると、体の血行が悪くなり、髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなってしまいます。
栄養が足りずに色素が定着しないまま髪の毛が生えてしまうため、白髪になってしまうのです。
ストレスが原因で若白髪になってしまった人は、頭皮に栄養が足りていないため、将来薄毛になってしまうことも考えられます。
突然白髪が増えた人や、部分的に白髪が多い人は、ストレスが原因の若白髪かもしれません。

 

若白髪の3つ目の原因は、「栄養不足」です。

ストレスが原因で体が血行不良を起こしているときにも、頭皮は栄養不足になりがちですが、ここではダイエットなどによる栄養不足を指しています。
特に若い女性は、食事制限などの無理なダイエットをしてしまいがちです。
短期間で体重は減るかもしれませんが、頭皮まで運ばれるはずの栄養が不足してしまい、白髪が増えてしまうことがあります。
綺麗でいたいと思うのであれば、栄養バランスに気を付けた食事をとり、適度な運動などで痩せていきましょう。

 

若白髪の4つ目の原因は、「病気や疾患」です。

これまでの3つの原因に心当たりがない人は、何らかの病気や疾患を抱えているサインかもしれません。
白髪だけで病院に行くのは大袈裟だと感じる人もいるかもしれませんが、早めに医師に相談しておけば、病気や疾患を見つけるチャンスになるかもしれません。

 

 

若白髪は嫌われる?女性の意見

 

若白髪だと、周りからどう見られているのかがどうしても気になってしまいますよね。
帽子を被ったり、ヘアアレンジをして白髪が目立たないようにしている人も多いと思いますが、やはり何らかのタイミングで白髪を見られてしまうことはあるでしょう。

 

では、若白髪の人を女性たちはどのように思っているのでしょうか?

 

若白髪で悩んでいる人のブログや投稿をインターネットで検索すると、それに対してのコメントも見ることができます。
さまざまなコメントを読んだのですが、ほとんどの女性が「友達が若白髪であっても気にならない」と書いていました。

 

若白髪かどうかよりも、人柄のほうが大切であると考えている女性が多いようです。
そのため、若白髪だからといって嫌われてしまうことはほとんどないと言えるでしょう。

 

しかし、周りは若白髪を気にしていなくても、本人が気になってしまうケースが多いです。

 

帽子やヘアアレンジで隠せないほどの白髪があるなら、思い切って髪の毛を染めてみてはいかがでしょうか。
地毛に近い色に染めれば自然に見えますし、明るめのヘアカラーを楽しんでみても良いでしょう。

 

 

髪を傷めずに自然に染める方法

 

若白髪を目立たなくするために髪を染めるなら、髪が傷まない染め方をしましょう。
ストレスや栄養不足が原因で白髪が増えている場合には、一時的なものですぐに元に戻る可能性があります。

 

しかし、遺伝や病気で白髪がある場合には、これから先も何度か髪を染めることがあるかもしれません。
何度も髪を染めることで傷んでしまわないように、髪を傷めずに自然に染める方法を考えましょう。

 

髪を自然な色に染めていきたいなら、トリートメントがおすすめです。
白髪染め用のトリートメントが市販や通販で販売されており、普段のシャンプーの後にこのトリートメントを使うことで、白髪が少しずつ染まっていきます。
突然暗い色に染めるわけではないので、少しずつ違和感なく染めていくことができます。

 

周りの人からも白髪染めしたことを気付かれにくいので、これまで通り気軽に外出できるでしょう。

 

白髪染めトリートメントを使えば、髪を傷めずに白髪を染めていくことができます。
トリートメントによっては美髪成分が配合されているものもあり、髪のツヤを保ちながら白髪を染めていけるので、将来何度も白髪染めをして髪がぼさぼさになってしまう心配もありません。

 

白髪と抜け毛を同時にケアするシャンプー!

関連ページ

白髪染めトリートメントを使う前に
白髪染めにお悩みの男性におすすめしたいのが「白髪染めトリートメント」です。 白髪染め、というと液剤を髪の毛に付けてしばらく時間をおいて洗い流すものを連想する方がほとんどでしょう。
白髪染めシャンプーは無意味
最近は、髪の毛に優しい白髪染めが増えています。 白髪染めトリートメントが主流ですが、実は白髪染めシャンプーという商品もありますよね。 白髪染めシャンプーも、髪の毛に負担をかけずに染めることができるでしょう。
使い方
白髪染めトリートメントは、確かに普通の白髪染めとは使用方法が違います。 しかし、通常の白髪染めよりもとても簡単で、気軽に使うことができるのです。
女性より男性におすすめ
白髪染めトリートメントはほとんどが女性用商品として販売されています。 しかし、白髪染めトリートメントは男性にこそおすすめしたい商品なのです。
白髪ぼかし
白髪染めのネックは「いかにも染めました!」というような色合いですよね。 確かに染めたては妙に黒々としていたり違和感があるかも知れません。
染めるか?そのままか?
女性であれば、白髪ができたら染めるという人が多いでしょう。 元から茶色に染めている人も多いでしょうし、白髪を染めるのに抵抗がない人が大半だと思います。 しかし、男性はどうでしょうか?
白髪を抜く
白髪は抜いたら駄目! といわれていますが、本当でしょうか? 白髪を見つけると気になってしまいますよね。 1本2本程度であれば抜いてしまった方が良いと考える方が多いでしょう。
ビオチン
ビオチンは白髪に効果的だといわれている成分です。 しかし、あまりよく知られていない成分ですよね。 ビオチンとは、どんな成分なのでしょうか?
おすすめの色
白髪染めの色って悩みますよね。 しかし男性には、黒色が一番人気の様です。 女性は、白髪染めでも明るめのカラー展開が豊富です。
不自然な色は逆効果
白髪染めでかぶれる
白髪を自宅で染める男性と美容室で染める女性
人生初の白髪染めはこう選ぶ!
生まれて初めての白髪染め 感想編