使い方

白髪染めトリートメントの使い方

白髪染めトリートメント 使用方法

 

白髪染めトリートメントは、確かに普通の白髪染めとは使用方法が違います。

 

しかし、通常の白髪染めよりもとても簡単で、気軽に使うことができるのです。

 

白髪染めトリートメントの中でも人気の高い「黒茶のチカラ」の使用方法を例として説明をしましょう。

 

黒茶のチカラは、塗れた髪の毛はもちろん乾いた髪の毛にも使うことができる白髪染めトリートメントです。

 

 

塗れた髪の毛に使うときは、普通のトリートメントと使用方法は特に変わりありません。

 

まずは、シャンプーで丁寧に洗いましょう。

 

しっかりと洗うことで髪の毛に付着した汚れを洗い流し、きちんと色を入れることができます。

 

シャンプーをした後は、丁寧にすすぎ、さっとタオルドライをしましょう。
タオルドライをすることで色ムラを防ぐことができます。

 

水気を軽く切ったら、白髪染めトリートメントを馴染ませましょう。

 

髪の量や長さにもよりますが、手のひらに乗る程度が適量です。

 

生え際やこめかみ部分まで、丁寧に全体に馴染ませてください。

 

その後、10分程時間を起きましょう。

 

この時、しっかりと色をいれたい場合はシャワーキャップや濡れタオルで髪の毛を覆って下さい。

 

これで、しっかりと色もトリートメント成分も浸透します。

 

万が一手や床に白髪染めトリートメントが付着した場合は、すぐに洗い流す様にしましょう。

 

白髪染めトリートメントは白髪染めと違い、素手でも塗ることができます。
しかし長時間付着し続けると色が浸透してしまう可能性があるので、注意をして下さい。

 

また、顔にも白髪染めトリートメントが付かないように注意をしましょう。

 

時間が経ったら、あとは丁寧にぬるま湯ですすぐようにしましょう。

 

通常のトリートメントでもいえることですが、すすぎは一番丁寧に行うようにして下さい。

 

 

次に、乾いた髪の毛への使用方法です。
これは染まりが弱いと感じる方におすすめしたい方法です。

 

また、黒茶のチカラは乾いた髪の毛にも使える白髪染めトリートメントですが、他の白髪染めトリートメントはわかりません。
使用方法を確認した上で使ってみてください。

 

乾いた髪の毛に使うときは、まずは丁寧にブラッシングをしましょう。

 

ブラッシングをすることで、ホコリ等が取れて成分が浸透しやすくなります。

 

もし整髪料や皮脂が付いている場合は、色が入り難くなる可能性があるので注意をしましょう。

 

次に、白髪染めトリートメントをたっぷりと塗ってください。

 

特に白髪が気になる部分には丁寧にぬr込みましょう。

 

その後、30分くらい時間をおいてからシャンプーをして洗い流しましょう。

 

白髪染めトリートメントは自然由来や髪の毛に優しい製品が多く、ある程度時間をおいても髪の毛を痛めることなく塗り続けることができるでしょう。

 

これで白髪染めトリートメントの使用方法は完了です。

 

ただし白髪染めトリートメントの種類によって若干使用方法が異なるので、自分の使っている白髪染めトリートメントの使い方を再度確認しましょう。

注意点

男性が白髪染めトリートメントを使うときはいくつかの注意点があります。

 

まずは、白髪染めトリートメントを塗る前は軽くタオルドライを忘れないようにしましょう。

 

面倒な人は、ついついタオルドライをせず、塗れた髪の毛にそのまま白髪染めトリートメントを付けてしまうかも知れません。

 

男性は女性よりも髪の毛が短く乾きやすいかも知れませんが、それでも、塗れた髪の毛に塗ると染まり具合が悪くなってしまうでしょう。

 

面倒かも知れませんが、きちんとタオルドライをしてから白髪染めトリートメントを塗るようにして下さい。

 

また、放置時間も面倒だと感じるかも知れません。

 

毎日白髪染めトリートメントを塗っていると、10分程度の放置時間でも面倒に感じてしまうでしょう。

 

確かに男性はトリートメントを使う習慣がなく、放置時間も無駄だと感じてしまうかも知れませんね。

 

しかし、10分程の放置時間で体を洗ったり、ヒゲを剃ったり、湯船につかったりと時間をつぶすことは可能です。

 

これだけで、髪の毛に負担をかけることなく綺麗な髪色をキープすることができるのです。

 

習慣化してしまうと面倒なことは何もないでしょう。

 

まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか?

 

毎日続けていく事で白髪染めトリートメントの使い方にも慣れて、めんどくささも感じることがなくなります。

使用後のお手入れ

白髪染めトリートメントの使用方法で重要なのが、使用後のお手入れ方法です。

 

男性は髪の毛が短い方も多く、ついつい洗髪後はタオルドライのみ、という方も多いでしょう。

 

しかし白髪染めトリートメントは、洗髪後、しっかりとドライヤーで乾かすことで色の入りをよくすることができる商品なのです。

 

そのため、洗髪後はしっかりとタオルドライをし、ドライヤーで乾かす様にしましょう。

 

ドライヤーで髪の毛を乾かすことは、白髪染めトリートメントの染まり方はもちろん薄毛対策にも繋がります。

 

頭皮が濡れていると、それだけで雑菌が繁殖しどんどん頭皮環境が悪化してしまうでしょう。

 

頭皮環境が悪化すると、白髪も増えやすくなってしまいますし薄毛にもなりやすくなってしまいます。

 

髪の毛の事を考えるのなら、洗髪後はきちんとドライヤーで乾かした方が良いでしょう。

 

ドライヤーは髪の毛への刺激が強いので、最初にタオルで水気をふき取れば、短時間でドライヤーも終わります。

 

正しいヘアケア方法を行い、頭皮環境を守ってください。

白髪と抜け毛を同時にケアするシャンプー!

関連ページ

白髪染めトリートメントを使う前に
白髪染めにお悩みの男性におすすめしたいのが「白髪染めトリートメント」です。 白髪染め、というと液剤を髪の毛に付けてしばらく時間をおいて洗い流すものを連想する方がほとんどでしょう。
白髪染めシャンプーは無意味
最近は、髪の毛に優しい白髪染めが増えています。 白髪染めトリートメントが主流ですが、実は白髪染めシャンプーという商品もありますよね。 白髪染めシャンプーも、髪の毛に負担をかけずに染めることができるでしょう。
女性より男性におすすめ
白髪染めトリートメントはほとんどが女性用商品として販売されています。 しかし、白髪染めトリートメントは男性にこそおすすめしたい商品なのです。
白髪ぼかし
白髪染めのネックは「いかにも染めました!」というような色合いですよね。 確かに染めたては妙に黒々としていたり違和感があるかも知れません。
染めるか?そのままか?
女性であれば、白髪ができたら染めるという人が多いでしょう。 元から茶色に染めている人も多いでしょうし、白髪を染めるのに抵抗がない人が大半だと思います。 しかし、男性はどうでしょうか?
白髪を抜く
白髪は抜いたら駄目! といわれていますが、本当でしょうか? 白髪を見つけると気になってしまいますよね。 1本2本程度であれば抜いてしまった方が良いと考える方が多いでしょう。
ビオチン
ビオチンは白髪に効果的だといわれている成分です。 しかし、あまりよく知られていない成分ですよね。 ビオチンとは、どんな成分なのでしょうか?
おすすめの色
白髪染めの色って悩みますよね。 しかし男性には、黒色が一番人気の様です。 女性は、白髪染めでも明るめのカラー展開が豊富です。
不自然な色は逆効果
白髪染めでかぶれる
白髪を自宅で染める男性と美容室で染める女性
若白髪の原因
人生初の白髪染めはこう選ぶ!
生まれて初めての白髪染め 感想編