白髪染めシャンプーは無意味

白髪染めシャンプーは全然染まらない

白髪染めシャンプー 染まらない

 

最近は、髪の毛に優しい白髪染めが増えています。

 

白髪染めトリートメントが主流ですが、実は白髪染めシャンプーという商品もありますよね。
白髪染めシャンプーも、髪の毛に負担をかけずに染めることができるでしょう。

 

しかしシャンプータイプはトリートメントタイプと違い、染まり難いという口コミを多数見受けられるのです。

 

染まらないばかりか、普通のシャンプーに比べて髪の毛が痛みやすい、負担がかかるという意見まである程です。

 

白髪染めシャンプーは、本当に髪の毛に悪い商品なのでしょうか?

 

白髪染め商品は、さまざまな性能で染めることができます。

 

白髪染めシャンプーは、髪の毛をアルカリ性に作用することで染髪効果をもたらすことができる商品なのでしょう。

 

アルカリ性にして染髪をするのは、ヘアカラータイプの白髪染めも同じです。

 

髪の毛はアルカリ性になると、キューティクルが開きます。
このおかげで色を入れることができるのでしょう。

 

しかし、シャンプータイプの白髪染めは通常のヘアカラーに比べて染める力が弱く作られています。
シャンプーしながら髪の毛に負担をかけずに染める商品なので仕方がないでしょう。

 

そのため、十分に染めることができずにただ、髪質をアルカリ性にしてキューティクルに負担をかけるだけのシャンプー、となってしまいます。

 

白髪はもともとキューティクルが開き難いので、相当負担をかけなければ色を入れることも出来ません。

 

白髪染めシャンプーは、髪の毛を染める効果も不十分ですし、髪の毛を補修する効果もありません。

 

口コミ通り、白髪染めシャンプーは全く染めることができない髪の毛に悪い商品なのではないでしょうか。

 

実際に白髪染めシャンプーを使って染髪効果を実感できたという人もいますがそれは少数です。

 

もし、髪の毛に負担をかけることなく安心して白髪染めを行いたいのであれば、白髪染めシャンプーは使わない方が良いのではないでしょうか?

 

白髪染め 黒耀シャンプーQS&黒耀ヘアパックQS
ワイズ美研株式会社
売り上げランキング: 78,706

なぜトリートメントは染まるのか?

髪の毛に負担をかけずに染めたいという方におすすめしたいのが、白髪染めトリートメントです。

 

シャンプータイプの白髪染めとトリートメントタイプの白髪染めはとても似ているように感じますよね。
しかし、髪の毛を染める仕組みが全く違うのです。

 

シャンプータイプはキューティクルを開かせる事により染めていましたが、トリートメントタイプは違います。

 

白髪染めトリートメントには、いくつかの種類があり染め方もいくつかにわかれています。

 

たとえばHC染料を使用した白髪染めトリートメントは、ヘアカラーの様な染料をトリートメントに使用しています。
染料が髪の毛の内部に浸透し、キューティクルを開くことなく髪の毛に色を入れることができるでしょう。

 

ヘアカラーに使われている酸化染料のように髪の毛を酸化することなく染めることができるのでさまざまな色を出すことができますし、肌に色が付着しにくいので直に触っても手や地肌が黒くなることはありません。

 

分子が小さいので色が若干抜けやすいというデメリットはありますが、毎日使用すれば問題なく色を付けることができるでしょう。

 

細かい解説はこちら=おすすめ白髪染めシャンプー きれいに染める方法はこちらです!

 

塩基性染料は、髪の毛のマイナスイオン分子と付着することで染色効果を発揮してくれる染料です。

 

分子が大きい塩基性染料は、髪の毛内部ではなく髪の毛表面に付着し染髪効果を与えてくれるでしょう。

 

どちらかというと、ヘアマニキュアに近い染まり方なのではないでしょうか。

 

こちらもキューティクルを開くことなく髪の毛表面を染めてくれるので、髪の毛に負担をかけることは少ないでしょう。

 

 

植物性染料や天然染料は、最近話題になっている染料の種類です。

 

植物本来が持つ染色能力を使い、髪の毛に負担をかけることなく染めることができるでしょう。

 

ヘナ白髪染めはとても有名ですよね。

 

ヘナ以外にも、アナトーやシコニン等の植物染料を使って白髪染めをする場合があります。

 

 

これら一つ一つの白髪染め効果はとても弱いです。
しかしいくつか組み合わせることにより、市販のカラーリング剤に近い染髪効果をもたらしてくれるでしょう。

 

もちろん数日間使い続けなければ十分な染髪効果を実感することは出来ませんが、シャンプータイプの白髪染めよりもしっかりと、カラーリングタイプの白髪染めよりも髪の毛に優しく、染髪効果をもたらしてくれるのが白髪染めトリートメントなのです。

白髪と抜け毛を同時にケアするシャンプー!

関連ページ

白髪染めトリートメントを使う前に
白髪染めにお悩みの男性におすすめしたいのが「白髪染めトリートメント」です。 白髪染め、というと液剤を髪の毛に付けてしばらく時間をおいて洗い流すものを連想する方がほとんどでしょう。
使い方
白髪染めトリートメントは、確かに普通の白髪染めとは使用方法が違います。 しかし、通常の白髪染めよりもとても簡単で、気軽に使うことができるのです。
女性より男性におすすめ
白髪染めトリートメントはほとんどが女性用商品として販売されています。 しかし、白髪染めトリートメントは男性にこそおすすめしたい商品なのです。
白髪ぼかし
白髪染めのネックは「いかにも染めました!」というような色合いですよね。 確かに染めたては妙に黒々としていたり違和感があるかも知れません。
染めるか?そのままか?
女性であれば、白髪ができたら染めるという人が多いでしょう。 元から茶色に染めている人も多いでしょうし、白髪を染めるのに抵抗がない人が大半だと思います。 しかし、男性はどうでしょうか?
白髪を抜く
白髪は抜いたら駄目! といわれていますが、本当でしょうか? 白髪を見つけると気になってしまいますよね。 1本2本程度であれば抜いてしまった方が良いと考える方が多いでしょう。
ビオチン
ビオチンは白髪に効果的だといわれている成分です。 しかし、あまりよく知られていない成分ですよね。 ビオチンとは、どんな成分なのでしょうか?
おすすめの色
白髪染めの色って悩みますよね。 しかし男性には、黒色が一番人気の様です。 女性は、白髪染めでも明るめのカラー展開が豊富です。
不自然な色は逆効果
白髪染めでかぶれる
白髪を自宅で染める男性と美容室で染める女性
若白髪の原因
人生初の白髪染めはこう選ぶ!
生まれて初めての白髪染め 感想編