白髪染め 男性 おすすめランキング

初めての白髪染め 男性用おすすめランキング

白髪染め 男性

 

このサイトでは男性用の白髪染めについて解説、そしておすすめの白髪染め製品をランキングにしてご紹介します。

 

まず初めて白髪染めをする方のために、製品を選ぶ前に最初に抑えるポイントを順に解説していきます。

 

 

白髪染めを選ぶポイント解説

 

実は製品に男女差はない

 

市販の白髪染めには、女性用・男性用とあります。

 

ですが実際には、
白髪染めに男性用も女性用もありません

 

白髪を染める成分も、含まれる薬品も男女共に全く同じなのです。*製品による個体差はありますが、性別は無関係です。

 

強いて違いがあるといえば、トリートメント成分ぐらいなものですので、やはり大した違いはありません。*事実、美容室に行けば男女ともに同じ薬剤を使用します。ただしトリートメント効果は髪の長さや太さも関係してくるので別のお話ということです。

 

なので白髪染めを選ぶ際、女性用でよく染まると人気の白髪染めや、評判のいいものは、男性が使っても同じようによく染まるということなのです。

 

 

男性の白髪染めはトリートメントタイプを選ぶ事!

 

白髪染めというと、通常は1液・2液を使って染める、いわゆる永久染毛タイプを思い浮かべると思います。

 

この永久染毛タイプには、液状やムース(泡)、クリームなどがありますが、このタイプには非常に大きなリスクがいくつかあります。

 

まず、一週間もすると生え際が白くなってくるので、頻繁にリタッチしないとすごく貧相に見えてしまう。*特に髪の短い男性は分け目やもみあげで一目瞭然!

 

次に髪が激しく傷みます。 特に髪が細い方や髪にコシがない方にとって悲惨な結果を招きます。白髪を染めたのはいいが、いつも髪がペッタリ寝てしまって、染める前より老けてしまった・・なんて結果になることが多いです(特に男性)。

 

 

永久染毛タイプは、薄毛・抜け毛を爆発的に加速させる

 

そしてもう1つ、男性にとってこれが致命的です。

 

永久染毛タイプは髪と同時に頭皮にも激しいダメージを与えます。このダメージが薄毛や抜け毛を爆発的に加速させてしまうのです。
白髪が目立ち始める年齢といえば、30代後半以降でしょう。 そしてこの年代といえば、多くの男性が白髪以上に薄毛や抜け毛を恐れています。

 

かつら 植毛 高い

それはそうですよね、白髪は染めればとりあえず済みますが、薄毛・抜け毛はどうにもなりません。仮になったとしても、とても高額を失うことになります・・・

 

抜け毛を感じ始めたらすぐに対処しましょう!早めの対応がその後の抜け毛を大幅に抑えることが出来ます。
気になり始めたらこちらをどうぞ=抜け毛予防シャンプー 最新人気ランキング!

 

永久染毛タイプは、一度の使用だけでも抜け毛の大きな要因になり、さらにその後もリタッチで頻繁に頭皮を痛めつける事になります。これを続けていると、髪を触る度に100本以上の抜け毛が手につく・・なんていう結果になってしまいます。排水口は言うに及ばず・・・

 

そこで男性に特におすすめなのが、シャンプータイプ、トリートメントタイプの白髪染めです。女性用では、現在は白髪染といえばトリートメントタイプです。市販品の売り上げでは80%強のシェアを持っていますので、現在は完全にこちらが主流になっています。

 

そしてもう一つ、最近話題になっている「光タイプ」もおすすめです。この光タイプとは、クリーム状の白髪染めを髪に直接塗り、紫外線を浴びることで白髪を黒く変色させるというものです。

光で染まる白髪染め

数年前から女性用では結構話題になっていましたが、塗ってただ外に出るだけで染まるわけがない!なんて意見が多く見られました。ところが使った人の口コミ等で、その凄い効果が知れ渡り、現在はなかなかの人気商品となっています。光タイプの白髪染めは洗い流す必要はなく、外に出るといっても30分で十分、窓際で日光の当たる場所なら外に出る必要すらないというお手軽なものです!

 

 

白髪染めトリートメントの使い方

 

白髪染トリートメントは、シャンプー後にリンスやトリートメントの要領で髪につけ10分ほど放置、その後洗い流すだけという仕様です。

 

なので使い方は非常に簡単、普通のリンスと少し違うのは、シャンプー後に一度タオルで軽く拭いた後に白髪染めトリートメントをつけることぐらいです。

 

実際に使ってみた感想ですが、まずシャンプー後に軽くタオルで拭くことはそれほど面倒ではありません。ハンドタオルでも十分ですし、バスタオルを浴室の中に持っていっても簡単に拭き取れます。

 

次に手が黒くなる点ですが、これは白髪染めトリートメント剤を付けたあとに体を洗えば、それで完璧に取れてしまいます。この体を洗う作業を10分にしておけば、手の汚れが落ち、ついでに体も洗えます。 あとはいつものように髪をタオルで拭いて乾かすだけです。

 

ちなみにトリートメントではなく、白髪染めシャンプーというのもありますが、これにも致命的な欠点があります。それは「思ったように染まらない」ということです。その理由は使うに値しないので却下ですね。

 

ついでに白髪染めシャンプーの使い方も解説しておきます。

 

白髪染めシャンプーはシャンプーして流す、それだけです(笑)。

 

 

白髪染めトリートメントの注意点

 

白髪染めトリートメントについて、使う前にいくつか理解しておく必要があります。

 

まず白髪染めトリートメントは、1回で白髪が染まるというものではありません。 何回か使っていくうちに白髪が染まるというものです。

 

多少個人差がありますが、男性の髪の長さなら5回も使う頃には、ほとんど白髪は見えなくなるはずです。

 

もちろん髪にも頭皮にもダメージはなし、1〜2週間でゆっくり染めあげるとイメージして下さい。

 

白髪染めシャンプーも同じような感じですね。

 

*途中であきらめないで下さい。必ず染まりますので出来れば一ヶ月ほどは使うようにして下さい。

 

 

おすすめランキング

 

白髪染トリートメントについて、もう少し補足しておきますと、美容院や床屋での白髪染めと比較して料金は半額以下、そして生え際が白くなる悩みもありません。さらに頭皮や髪の傷みもないので、禿げる心配がありません(これは本当に重要です)。次に市販の男性用白髪染めとの比較ですが、これは染まり具合がまず全く違います。安価な市販品は、元々の黒髪が異様に不自然な真っ黒に染まり、さらに白髪は赤っぽいキラキラした色に染まる傾向があります。これは欧米人と比べ、日本人の白髪が染まりにくいという原因があるようです(主に欧米で開発された安価な主成分使用)。

 

ですが、ランキングの製品は全く別物です。是非一度お試し下さい。

 

 

ではおすすめランキングです。

 

利尻カラーシャンプー白髪用の特徴

利尻カラーシャンプーは、白髪染めトリートメントではなく「白髪染めシャンプー」です!シャンプーするだけで、数日で白髪がキレイに染まってしまうので、使い方はとても楽。普通のシャンプー感覚で染まるので、トリートメントよりはるかに時間短縮になります。またシャンプーですので、染料が残ることも少なく浴室の掃除も必要ありません。白髪染めシャンプーはいくつか有りますが、これほど染まるのは利尻のみ!おすすめです。

価格 初回限定2,500円
評価 評価5
備考 公式サイトのみ初回限定1,000円OFF!
利尻カラーシャンプー白髪用の総評

この白髪染めシャンプーだけでも普通に染まりますが、もっと早く濃い効果を出したい場合は、利尻白髪染めトリートメントもあります。ただし男性の場合はシャンプーだけで十分。髪も頭皮も痛まず、抜け毛を気にする必要もありません。

グローリンサンクロスの特徴

塗るだけで染まります!しかも洗い流さくてもOKなので、天気の良い時間につけて5分ほど置けばかなり染まります。これ、かなりビックリの染まり具合です。確かに細かい場所へのポイント染めには適していませんが、全体染めなら強力な効果を発揮します!

価格 定期初回31%OFF 3,980円
評価 評価4.5
備考 初回・専用コームをプレゼント
グローリンサンクロスの総評

使い方は本当に簡単、髪全体に軽くつけてなじませ、太陽の光を5分ほど浴びるだけ。これを繰り返していると、数回で驚くほど黒く染まります。黒と言っても、真っ黒ではないのも自然で良いです。他の白髪染めでは出来ないような自然な色合いに染まりますので、白髪染めをバレたくない人にもおすすめです。

ルプルプヘアカラートリートメントの特徴

染まりも良いですが、髪のつやとコシが凄いので、髪が薄い方や細い方にもおすすめです。

価格 1,980円
評価 評価3.5
備考 初回お試しキャンペーン39%OFF
ルプルプヘアカラートリートメントの総評

1回2本の定期配送便もお得です。1本あたりの価格が1620円、もちろん全額返金保証付きです。髪が長めの方、白髪が多い方は定期便がオススメです。

 

トリートメント効果の高い女性用のランキングをお探しの方はこちら=女性用白髪染め比較

 

 

 
更新履歴