煙草を吸うと白髪になりやすい?

煙草を吸うと白髪が増える?その意外な理由とは

喫煙

 

白髪が生えてしまうと外出したときや会社に行ったときなどに恥ずかしい思いをしますので誰でも生えてほしくないと思うでしょう。

 

また、煙草はストレス解消になりますし依存してなかなかやめられませんが、体に様々な悪影響を及ぼしてしまいますので吸わない方が良いです。

 

こうした白髪と煙草は何も関係ないと思われがちですが、実は深い関係があるのです。

 

では、白髪と煙草にはどのような関係があるのでしょうか?

 

それは、煙草を吸うと白髪が増えるということです。

 

煙草を吸うと血管を収縮させてしまい血液の流れが悪くなり、髪を作り出す毛母細胞や髪の色素を作り出すメラノサイトの活動が悪くなります。

 

これが原因となって健康な黒い髪が生えにくくなりますし、更には抜け毛が増えて薄毛になってしまうこともあります。

 

また、煙草を吸うと体内ではニコチンを撃退するためにビタミンが使われてしまい、結果的にビタミン不足になってしまいます。

 

ビタミンはメラノサイトに必要な栄養素となりますので、黒い髪を作れなくなってしまうのです。

 

それに、煙草には一酸化炭素が含まれており、体内に入ることによって酸欠状態になってしまい、毛母細胞やメラノサイトに必要な酸素が供給されなくなって髪の老化が始まって白髪が生えやすくなります。

 

このようなことからも分かるように、煙草を吸うと白髪が生えやすくなりますし、どんどん増えていってしまいますので、白髪が気になる人や生えてほしくない人は煙草を吸わない方が良いと言えます。

 

 

煙草が与える様々な害

 

煙草には一酸化炭素やアセトンなどの化学物質が4,000種類も含まれているとされており、その中にはニコチンやタールなどの有害物質や発がん性物質が含まれています。

 

これほど危険物質が含まれている煙草をやめられないのはニコチン依存症になってしまうからです。

 

やめたくてもやめられない人はニコチン依存症になっていると考えられますが、そのまま煙草を吸い続けると体に様々な害を与えてしまうことになります。

 

煙草が与える様々な害は、血管を収縮させて血行不良を起こし、白髪や抜け毛を増やすだけではなく全身の病気のリスクを高めてしまいます。
そのリスクが高まる病気はガンは勿論のこと、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、糖尿病、メタボリックシンドローム、肺炎、うつ病、勃起不全、バセドウ病、骨粗鬆症などが挙げられます。

 

また、煙草を吸っているとアルツハイマー型認知症になりやすくなり、この病気がきっかけとなって寝たきりになってしまう人もいます。

 

更には煙草を吸い続けているとスモーカーズフェイスという喫煙者特有の顔つきになってしまうことがあります。

 

このスモーカーズフェイスは顔のシワやクスミに加えて白髪や乾燥した唇などの特徴があらわれ、若い人でも煙草を吸っていればスモーカーズフェイスになる可能性があります。

 

 

原因となるのは肌のハリに必要なコラーゲンを作るのにビタミンC不足になってしまうからです。
それに、血管が収縮して肌に酸素が行き届きにくくなってしまうのも原因となります。

 

このような様々な害がありますので、できることなら煙草はやめたほうが良いですし、吸っていない人はこの先も吸わない方が良いでしょう。

 

 

頭皮の血流を改善する方法

 

頭皮の血流が悪くなってしまうと白髪が生えやすくなりますし、抜け毛が増えて薄毛になってしまうこともありますので、頭皮の血流が悪くならないように気を付けておかなければいけません。

 

では、頭皮の血流を改善する方法はあるのでしょうか?

 

頭皮の血流を改善するには、適度な運動、お風呂に浸かって温まる、ストレスを溜めこまない、十分な睡眠、食生活などに気を付けておくことです。

 

ウォーキングやジョギングなどの適度な運動をすることで筋肉を動かし、その動きがポンプのような役割になって血行を良くすることができます。

 

お風呂にゆっくり入ると血管が拡張して全身の血流を改善することができますし、ストレスを溜めこまないと自律神経が乱れて血管が収縮しませんので血流が良くなります。

 

十分な睡眠をとることで副交感神経が優位になって血管が拡張しますし、食生活を正すことで血液をサラサラにして血流を改善することもできます。
また、睡眠は様々な成長ホルモンを分泌させますので最低でも6時間以上はとるようにしましょう。

 

このようなことに気をつけて頭皮の血流を改善してみましょう。

 

 

最新禁煙方法

 

煙草をやめたくてもやめられない人は自力で禁煙しようとしているのではないでしょうか。

 

自力で止められる人はほとんどいませんので禁煙外来を利用して最新禁煙方法を試してみると良いでしょう。

 

最新禁煙方法は禁煙外来で補助薬や飲み薬を使用することです。

 

禁煙の補助薬にはニコチンパッチとニコチンガムがあり、保険適用となるのが貼るタイプのニコチンパッチで背中やお腹、上腕に貼って使用し、適用外が噛むニコチンガムで口の中からニコチンを吸収させて煙草の本数を徐々に減らしていく禁煙方法です。

 

飲み薬はニコチンを含んでおらず、少量のドパミンを放出させてニコチン切れの離脱症状を軽くさせ、煙草を吸っても美味しいと感じにくくして禁煙に導いてくれます。

 

こうした最新禁煙方法は薬局で購入して自分で行うこともできますが、禁煙外来で医師の指導を受けたほうが成功しやすいとされています。

 

 

白髪を増やさない食生活

 

白髪が気になる人や予防したい人は白髪を増やさない食生活をご存知でしょうか?

 

白髪を増やさない食生活はカルシウムや銅などのミネラル類を摂取することが重要となります。

 

カルシウムはメラノサイトの働きを活発にさせることができ、乳製品や海藻類などで摂取すると効果的となり、銅はメラニン色素を作り出して髪を黒くすることができますのでナッツ類や牡蠣、レバーや大豆などで摂取すると良いでしょう。

 

この他には牛乳や魚類に含まれるヨード、チーズや豆類に含まれるチロシンなども白髪を増やさない食生活には欠かせないものとなります。

 

このような栄養素をバランスよく毎日の食生活に取り入れて、気になる白髪を増やさないようにしてみてください。

大人気!白髪染めシャンプー

関連ページ

白髪染めトリートメントを使う前に
白髪染めにお悩みの男性におすすめしたいのが「白髪染めトリートメント」です。 白髪染め、というと液剤を髪の毛に付けてしばらく時間をおいて洗い流すものを連想する方がほとんどでしょう。
白髪染めシャンプーは無意味
最近は、髪の毛に優しい白髪染めが増えています。 白髪染めトリートメントが主流ですが、実は白髪染めシャンプーという商品もありますよね。 白髪染めシャンプーも、髪の毛に負担をかけずに染めることができるでしょう。
使い方
白髪染めトリートメントは、確かに普通の白髪染めとは使用方法が違います。 しかし、通常の白髪染めよりもとても簡単で、気軽に使うことができるのです。
女性より男性におすすめ
白髪染めトリートメントはほとんどが女性用商品として販売されています。 しかし、白髪染めトリートメントは男性にこそおすすめしたい商品なのです。
白髪ぼかし
白髪染めのネックは「いかにも染めました!」というような色合いですよね。 確かに染めたては妙に黒々としていたり違和感があるかも知れません。
染めるか?そのままか?
女性であれば、白髪ができたら染めるという人が多いでしょう。 元から茶色に染めている人も多いでしょうし、白髪を染めるのに抵抗がない人が大半だと思います。 しかし、男性はどうでしょうか?
白髪を抜く
白髪は抜いたら駄目! といわれていますが、本当でしょうか? 白髪を見つけると気になってしまいますよね。 1本2本程度であれば抜いてしまった方が良いと考える方が多いでしょう。
ビオチン
ビオチンは白髪に効果的だといわれている成分です。 しかし、あまりよく知られていない成分ですよね。 ビオチンとは、どんな成分なのでしょうか?
おすすめの色
白髪染めの色って悩みますよね。 しかし男性には、黒色が一番人気の様です。 女性は、白髪染めでも明るめのカラー展開が豊富です。
不自然な色は逆効果
白髪染めでかぶれる
白髪を自宅で染める男性と美容室で染める女性
若白髪の原因
人生初の白髪染めはこう選ぶ!
生まれて初めての白髪染め 感想編
男性用の白髪染めの色
ヘナで白髪染め