男性用の白髪染めの色選び

男性用の白髪染めの色は少ない?選ぶべき色は・・・

白髪

 

加齢とともに体は老化していきますが、その老化は女性だけではなく男性にも当然のように起こります。

 

体の様々なところに老化はでてきますが、その中でも特に目立って気になるのが髪の毛ではないでしょうか。

 

薄毛は恥ずかしい思いをしますので避けたいところですが、遺伝やストレスなどの様々な原因によって起こりますので早めの対応によっては避けることができるでしょう。

 

また、薄毛だけではなく白髪で悩まされてしまうこともあり、黒髪だった人が白髪になってしまうと一気に老けて見えてしまうので何とかしたいものです。

 

その白髪は薄毛と違って簡単に白髪染めで染めて隠すことができますので、実際に白髪が生えてきた人の多くは白髪染めを使用しています。

 

女性だけではなく男性でも白髪染めしている人は多くいますが、では男性はどのような白髪染めを使用しているのでしょうか?

 

男性の白髪染めは女性用の白髪染めに比べて種類が少なくなっていますので、男性は白髪染めを選ぶときになかなか見つけられない人もいます。

 

また、女性用のほうがカラーバリエーションが多いので、なかには女性用の白髪染めを使用する人もいます。

 

しかし、女性用は男性用よりも量が多くなっており、これは女性の方が髪の毛の長さが長いという想定で作られているからです。

 

ですので、男性が女性用の白髪染めを使用すると残ってしまって勿体ないことになってしまいます。

 

それと、男性用のカラーバリエーションは少なくなっていますので女性用を使用するのも良いのですが、肝心なのは自分に合っているものを選んで使用することです。

 

どのような白髪染めが自分に合っているか分からない人は男性用の白髪染めを使用していれば大丈夫です。

 

また、男性が白髪染めを使用するときに重要となることが色です。

 

年齢や仕事などの関係もあって下手な色に染めてしまうと失敗することになりますので色選びには気を付けておかなければいけません。

 

 

真っ黒は避けるべき

 

白髪が生えてくると実年齢よりも老けて見られることがありますので、白髪染めを使用して染める男性も多くいます。

 

白髪染めで染めておけばしばらくの間は隠すことができますので職場にも行きやすいですし外出する時も恥ずかしい思いをすることはありません。

 

しかし、何でもいいから白髪を染めれば良いというわけではありません。

 

色に気を付けておく必要があります。特に男性の白髪染めで気を付けておきたいのが真っ黒に染めてしまうことです。

 

日本人の髪は生まれつき黒色ですので、白髪を黒く染めて統一させるのは何の問題もありませんが、さすが真っ黒に染めてしまうと、いかにも白髪を染めていますという感じが出てしまい、せっかく白髪染めしたのに恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

 

このようなことからも分かるように、真っ黒に染めてしまうのは恥ずかしくて失敗する可能性もありますので、できることならあまり違和感がない黒を選んで染めると良いでしょう。

 

 

歳をとってからの明るすぎる色はNG

 

白髪が生えて目立ってしまうと誰でも嫌ですので白髪染めを使用して染めることがよくあります。

 

その白髪染めをするときに重要となることが何色に染めるかですが、変な色に染めてしまいますと逆効果になってしまうことがあるからです。

 

また、歳をとってからの白髪染めで気を付けたいことが明るすぎる色に染めてしまうことです。

 

明るすぎる色に染めてしまうと若く見られることはなく、逆に目立ちすぎてしまい恥ずかしい思いをすることもあります。

 

稀に歳をとってから明るすぎる色に染めている人を見かけるでしょうが、すごく目立っていますし、いかにも染めましたという感じに見えてしまいます。

 

これから白髪染めを使用しようと考えている男性は、こうしたことからも分かるように、明るすぎる色に染めてしまうのはNGとなりますので気をつけてください。

 

 

会社でも浮かない色選び

 

白髪染めを染める時に悩んでしまうことといえば何色に染めるかということでしょう。

 

失敗するとやり直すのは面倒ですし、髪にダメージを与えてしまいますので1回目で成功させる必要があります。

 

特に会社に行っている人はとんでもない色に染めてしまいますと恥ずかしいですし、もしかしたら仕事に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

 

では、会社に行く人はどのような色選びが良いのでしょうか?

 

まず重要視しておきたいのは会社でも浮かない色を選ぶことです。

 

明るすぎたり自分の顔色に合っていなかったりすると恥ずかしいですし、部下や同僚に影で何を言われるか分かりません。

 

また、仕事で営業回りがある人は浮いてしまう色に染めてしまうと取引に影響があるかもしれませんし、取引先の人を不快にして失敗させてしまうこともあるかもしれません。

 

このようなことからも分かるように、浮いてしまう色に染めてしまうとマイナス要素しか考えられませんので、仕事をしている人は会社でも浮かない色選びに気を付けておきましょう。

 

 

トリートメントタイプはとても自然

 

白髪は年齢を重ねることで生えてくると思われがちですが、実は若い人でも白髪は生えてしまいます。

 

若い人でも白髪が生えてくるのはストレスや生活環境などの影響があるからです。

 

そんな誰にでも生える可能性がある白髪ですが、老けた印象が強くなってしまいますので白髪染めする人が多くいます。

 

その白髪染めにはヘアカラータイプやトリートメントタイプ、シャンプータイプなどがあります。

 

その中でも自然に色を入れやすいのがトリートメントタイプです。

 

トリートメントタイプを毎日使用することによって徐々に染まっていくため、いきなり色が変わるようなことはありませんのでとても自然に染めていくことができます。

 

ヘアカラータイプはすぐに染めることができますが、髪の毛や頭皮へのダメージが大きいですし、いかにも染めてきましたという感じになってしまいます。

 

また、シャンプータイプは白髪染まるまでかなり時間がかかりますのであまり良いと言えません。

 

このようにトリートメントタイプで染めるのが自然で良いと言えますので、白髪染めしようと考えている人は参考にしてみてください。

大人気!白髪染めシャンプー

関連ページ

白髪染めトリートメントを使う前に
白髪染めにお悩みの男性におすすめしたいのが「白髪染めトリートメント」です。 白髪染め、というと液剤を髪の毛に付けてしばらく時間をおいて洗い流すものを連想する方がほとんどでしょう。
白髪染めシャンプーは無意味
最近は、髪の毛に優しい白髪染めが増えています。 白髪染めトリートメントが主流ですが、実は白髪染めシャンプーという商品もありますよね。 白髪染めシャンプーも、髪の毛に負担をかけずに染めることができるでしょう。
使い方
白髪染めトリートメントは、確かに普通の白髪染めとは使用方法が違います。 しかし、通常の白髪染めよりもとても簡単で、気軽に使うことができるのです。
女性より男性におすすめ
白髪染めトリートメントはほとんどが女性用商品として販売されています。 しかし、白髪染めトリートメントは男性にこそおすすめしたい商品なのです。
白髪ぼかし
白髪染めのネックは「いかにも染めました!」というような色合いですよね。 確かに染めたては妙に黒々としていたり違和感があるかも知れません。
染めるか?そのままか?
女性であれば、白髪ができたら染めるという人が多いでしょう。 元から茶色に染めている人も多いでしょうし、白髪を染めるのに抵抗がない人が大半だと思います。 しかし、男性はどうでしょうか?
白髪を抜く
白髪は抜いたら駄目! といわれていますが、本当でしょうか? 白髪を見つけると気になってしまいますよね。 1本2本程度であれば抜いてしまった方が良いと考える方が多いでしょう。
ビオチン
ビオチンは白髪に効果的だといわれている成分です。 しかし、あまりよく知られていない成分ですよね。 ビオチンとは、どんな成分なのでしょうか?
おすすめの色
白髪染めの色って悩みますよね。 しかし男性には、黒色が一番人気の様です。 女性は、白髪染めでも明るめのカラー展開が豊富です。
不自然な色は逆効果
白髪染めでかぶれる
白髪を自宅で染める男性と美容室で染める女性
若白髪の原因
人生初の白髪染めはこう選ぶ!
生まれて初めての白髪染め 感想編
ヘナで白髪染め
喫煙と白髪の関係